Blog

2018/01/07 22:03

下記は例です。文章に画像を交えてご自由にお書きください。

▼ はじめに、なぜこのアイテムを紹介する理由を教えてください。

 これまでに無い、新しいお店繁栄へのツールとして必要と感じました。

 

▼ このアイテムのおすすめポイントは何ですか?(使い方の具体例やディテールなど)

 この冊子には具体的な看板の実例があります。だから、購入された方は直ちに看板を書き換えられます。

 

▼ このアイテムをどんな人にどんなふうに使って欲しいか教えてください。

 全ての御店で使えます。全ての管破線改革へのヒントになると確信しています。

 

▼ 最後に結びの言葉をお願いします。

 日本の看板はいまだに案内タイプです。やはり、お客様の心に届く看板、優しさが伝わる物がこれからは必要と想います。

 

TEL: 096-367-4934
FAX: 096-365-1794
E-mail:k-fukumoto@media-inter.tv